カテゴリ一覧

HOME > 子犬を迎える初めの準備
フレンチブルドッグ 子犬・成犬販売 国産無添加ドッグフード PERORI
フレブル子犬・成犬販売
フレンチブルドッグの販売
全国の優良ブリーダー様大募集!
神戸のフレンチブルドッグ
ブリーダー紹介
プレミアム・フレンチブルドッグ
フレブルパークコンテンツ
フレンチブルドッグ全員集合!
うちの子自慢写真
フレンチブルドッグ迷子案内所
フレンチブルドッグのアンケート
ベストショット使わせてください
VOICE 本には書いていない
フレブル情報大募集
フレンチブルドッグってなに?
フレンチブルドッグの
プロフィール
スタンダードとは?
血統書について
犬の十戒
フレンチブルドッグを飼おう
うちの子の探し方・購入方法
購入先のチェックポイント
子犬選びのポイント
ブリーダーとパピーミルの違い
フレンチブルドッグの性格も
十人十色??
男の子と女の子の違い
子犬を迎える
子犬を迎える初めの準備
迎えたばかりの接し方・お世話
フレンチブルドッグにかかる
年間の費用
フレンチブルドッグLIFE
季節の過ごし方(春夏)
季節の過ごし方(秋冬)
フレンチブルドッグの食事
フレンチブルドッグの散歩・遊び
フレンチブルドッグのしつけ
フレンチブルドッグお手入れ方法
フレンチブルドッグの健康管理
毎日の健康チェック
まさかの時の応急処置
よくある病気(内臓・腫瘍系)
よくある病気
(関節・骨・筋肉・目・歯・耳)
よくある病気(気管・呼吸・皮膚・血液・高齢犬)
フレンチブルドッグの膝蓋骨脱臼
定期的に必要な予防接種と
ノミ・ダニ予防
ヒート・避妊と去勢・妊娠・出産
ヒート・避妊と去勢
妊娠と出産・交配について
交配から出産までのスケジュール
出産と準備
出産後の子育てとケア
フレンチブルドッグの
人工授精について
その他
サイトのこだわり
フレブルパークの
フレンチブルドッグへの想い
お問合せ
運営者情報
プライバシーポリシー
サイトマップ
ペットと暮らす幸せ生活おすすめ
GOODS
国産・無添加ドッグフードPERORI
RikugamePark

子犬を迎える初めの準備

フレンチブルドッグを飼うには…

子犬を迎える前にまず、準備したいのは飼い主自身の心の準備です。
なぜ犬を飼うのか、一生面倒を見ていけるかなど、慎重に考えなければなりません。

犬を飼うことは可愛がる、癒される他に、お世話をする時間をとられますし、しつけも必要です。病気をする可能性も多いにあります。様々な形で金銭面でも飼い主側に負担がかかります。
家族がある方は家族の承諾も必要ですので、生涯、きちんとお世話が出来るか家族間でもしっかり話し合い、全員納得の上で子犬を迎えましょう。子犬を迎え、初めは夜鳴きをしたりご近所にも迷惑をかけるケースもあります。子犬を迎える前にご近所にも挨拶をしておいた方が良いでしょう。フレンチブルドッグは体温調節が苦手なため、『暑さ』『寒さ』に非常に弱い犬種です。夏には冷房器具で、冬には暖房器具で室内をある程度一定に保ってあげる必要があります。飼い始める前にその事も頭に入れておきましょう。

フレンチブルドッグにかかる年間の費用 >>

子犬を迎えるまでに用意しておきたいもの

サークル 犬の部屋になります

犬の部屋になります。普段はサークル内で過ごさせることが望ましいでしょう。サークル内にトイレやベッドを入れて使用します。後々のことも考えて、ある程度の大きさのサークルを選びましょう。飛び出し防止の為に少し高めのものや屋根付きのものがお勧めです。

ここに注意
材質的には木製のものは避けた方が良いでしょう。子犬の時期は特に何でも噛むので木製の場合、サークルがすぐにボロボロになってしまいますし、誤って木片を飲み込むと大変危険です。

トイレトレー トイレシーツをセットする台です

ペットシーツで遊んで噛んだり引っかいたりしない様、メッシュの枠が付いているものやオス犬が足を上げてトイレしても 壁が汚れないL字型のもの、トレーニングに便利な3方の枠が少し高くなっていて 壁になっているものなど様々なトレーがあります。後々も使用するなら60cm×45cmのワイドサイズがお勧めです。

ペットシーツ トイレトレーに挟み込んで使用します

トイレトレーにあわせた大きさのものを用意しましょう。トイレトレーニング用のにおい付きのものもあります。子犬はトイレの回数が多いので多めに用意しておくと良いでしょう。

寝床 犬が寝る場所です

トイレを覚えるまではすぐに汚してしまうので、洗濯のしやすいタオルなどで代用する方が便利で衛生的です。犬用ベッドなどもありますが、トイレを覚えてから用意すれば良いでしょう。

フードボウル ドッグフードなどを与えるときに使用します

最低2つ程度用意しておき、必要があれば買い足しましょう。愛犬のサイズに合ったドッグフードの食器選びをしましょう。

給水器/犬が水を飲む為のもの

フードボウルに水を入れて与えても構いませんが、こぼす心配のないペットボトル式の給水器があれば便利です。

ドッグフード 犬のご飯

当然ながら子犬を迎えたその日から食事を与えなければなりませんのでドッグフードの用意が必要です。ただ、元々食べ慣れているドッグフードでないと 食べない子もいるので事前に購入先と相談しておいた方が良いでしょう。
フレンチブルドッグの子犬にもおすすめ!国産・無添加ドッグフードはこちら

用意しておくと便利なもの

キャリーバッグ お出掛け時や車での移動で使用します

お出掛け時や車での移動で使用します。後々も使用できるサイズのものを購入するとよいでしょう。家でケージの中に入れて寝るときに使用することも出来ますのでハードタイプがお勧めです。必要になってから用意してもいいのですが、購入時のお迎えのときにダンボールなどに入れてくれる場合も有りますがブリーダーさん等では飼い主側で用意するケースもあるので、事前に確認し、必要であれば用意しておきましょう。

ペット用ウェットティッシュ

食事の後やトイレの後などに、あると何かと便利です。

ここに注意
通常の人用のウエットティッシュなどは薬剤等が入っている場合もありますので 絶対に使用しないで下さい。皮膚がかぶれたりする原因になりかねません。

ペット用おもちゃ

フレンチブルドッグは遊びが大好きです。ストレス発散や、何でも噛むいたずら防止のためにも、おもちゃがあると良いでしょう。

ここに注意
こちらも犬用のものを用意してください。犬用に比べ人用のおもちゃの場合、ボタンが付いていたり噛むと敗れやすく中身が出てくるものが多く、誤飲すると危険です。
※その他、シャンプーやブラシなどのお手入れ用品、首輪やリードなどなど必要になってきますが、成長や状態により必要なサイズ・種類が異ってきますので、初めに揃え過ぎずに必要に時に必要なものを用意すれば無駄が省けます♪
みんなはどうだった? アンケート集計結果はこちら >>